高速バスが遅延!遅れによる払い戻しや変更は?

f:id:chan076085:20190812194234j:plain

この記事を読むと・・・

  • 高速バスが遅れた時の払い戻し・補償の有無
  • 高速バス運休時の取り扱い
  • バス遅延の影響を小さくするためにできること

がわかります。目次をクリックすることでその部分にジャンプできます。

 ※バス会社によって取り扱いが異なります。詳細は各バス会社までお問い合わせください。

バス遅延に直面!

こんにちは。ちゃん@chan076085です。先日、高速バスに乗って移動している際、渋滞にハマり、バスがどんどん遅れる事態に直面しました。

最終的に目的地には110分遅れで到着しました。

バスの中で約2時間も余分に過ごしたことに!!!

 

こんな時に補償はないのか、チェックしていきましょう。

遅れた場合

f:id:chan076085:20190812192209p:plain

最終的に目的地に到着した場合は、遅れによる払い戻しはありません

1時間遅れようが24時間遅れようが、遅延による払い戻しはゼロです。

 

また、他の交通機関への乗り換えを予定していた場合に間に合わなかった場合でも補償や払い戻しはありません。(高速バスから新幹線・飛行機などへの乗り換えの場合)

 

反対に、列車や飛行機が遅れてバスに間に合わなかった場合でも補償や払い戻しはありません

他の交通機関を利用するか、乗り継ぎに長時間の余裕を持つようにしましょう。

途中で運行を打ち切った場合

f:id:chan076085:20190812192229p:plain

運転打ち切りの場合は払い戻しを受けることができます

払い戻しの受け方は購入した場所によって異なりますので、バス会社のホームページをチェックしたり、問い合わせをするようにしましょう。

 

ただし、バスが途中で打ち切りのために、代わりに鉄道やタクシーを利用した場合でも、鉄道やタクシー利用分の補償は基本的にありません。自分で払う必要があるので注意してください。

運休となった場合

f:id:chan076085:20190812192254p:plain

運休となった場合も払い戻しを受けることができます。また他の便への変更ができる場合もあります。

払い戻しの受け方や変更の仕方は購入した場所によって異なりますので、バス会社のホームページをチェックしたり、問い合わせをするようにしましょう。

 

上記同様、バスが途中で打ち切りのために、代わりに鉄道やタクシーを利用した場合でも、鉄道やタクシー利用分の補償はありません。自分で払う必要があるので注意してください。

 

遅延の影響を小さくするためにできること

自己防衛策として、乗る前にできることもいくつかあります。一つずつチェックしていきましょう。

乗り継ぎ時間には十分な余裕を確保

バスが遅れているからといって、他の交通機関は待ってくれません。時間がくれば出発してしまいます。

新幹線や飛行機に乗り継ぐ場合には十分な余裕を確保しましょう。特に飛行機は値段も高く、後続便がすぐに来るとは限りませんので注意しましょう。

国際線の乗り遅れだけはなんとしても避けたいところです・・・。

軽食や飲料の携行

f:id:chan076085:20190730182817p:plain

渋滞によってバス車内に缶詰となった場合には心身ともに非常に疲れてしまいます。サービスエリアまで時間がかかることもよくありますので、お菓子や飲料を確保して高速バスに乗りましょう。

多くの高速バスには車内にトイレがあり、空調も効いていますので比較的過ごしやすいと思います。遅れた場合には休憩時間が短くなることもあるので注意!

手前のバス停で降りてみる

「遅れが増してきて、この先もしばらく進みそうにない」という場合、手前のバス停で降りて他の交通機関を探してみるのも一つの手です。

料金はかかってしまいますが、バスより早く到着することもあります。

自己判断となるため、以下の点に注意しましょう。

  • 手前で降りたからといって払い戻しはない
  • そのまま乗っていた方が早い場合もある

高速バスには乗らない

f:id:chan076085:20190812192437p:plain

時間に余裕が無い時や予定がある場合、バスには乗らないという選択もできます。定時性の高い新幹線や飛行機を利用することも考えてみましょう。

遅れることができない場合には高速バスの利用は控えるのも1つの手です。

まとめ

高速バス遅延時・運休時の払い戻し・補償の有無についてまとめました。

バスは遅れやすい分、価格面ではメリットも多くありますで、賢く有効活用して、快適な旅行に出かけましょう!

 ※バス会社によって取り扱いが異なります。詳細は各バス会社までお問い合わせください。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村