スマホ依存のあなたに。iPhone「スクリーンタイム」で制限を!

f:id:chan076085:20191207213619p:plain

みなさんこんにちは。ちゃん@chan076085です。

 

ついつい暖かいところでダラダラしてしまうこの季節、スマホやタブレットを触りすぎてはいませんか??

 

スマホ依存気味の生活を送っているあなたに、iPhone本体に搭載されている「スクリーンタイム」をご紹介します。もちろん無料で使用できます!!

iPhoneに搭載されたスクリーンタイムとは?

スクリーンタイムとは、iPhoneを使っている時間(画面が表示されている時間)が自動で記録され、どのアプリを何時間ぐらい使っているのかを知ることができる機能す。

 

時間以外にも、通知の件数iPhoneを持ち上げた回数なども確認できます!

スクリーンタイムを使えば、自分や子供がApp、Webサイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。

そのため、デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けることができます。

Apple 公式ウェブサイトより引用

また、iPhoneの使用時間等に制限をかけることもでき、自分自身はもちろん、スマホ依存気味のお子様にもオススメの機能となっています。

 

support.apple.com

スクリーンタイムで確認できること・制限できること

f:id:chan076085:20191207201802p:plain

①iPhoneを使っていた時間・カテゴリ・アプリごとの使用時間

f:id:chan076085:20191207214502j:plain
1日平均何時間何分の間、iPhoneを使っていたかが確認できます。

また、「SNS」「エンターテイメント」「仕事効率化」といったようにカテゴリごとの使用時間や、各アプリごとの使用時間も表示させることができます。

おそるべしiPhone・・・・!!!

②iPhoneを持ち上げた回数・持ち上げて最初に使ったアプリ

f:id:chan076085:20191207214557j:plain
毎日何気なく手に取るスマホ。スクリーンタイムならiPhoneを持ち上げた回数を自動で記録しています。

スマホ依存気味の私は1日平均77回という記録が出ていました。

アプリ別に見てみると「LINE」「Twitter」「カメラ」という結果に!!

③通知の回数

f:id:chan076085:20191207214731j:plain
みなさんのスマホには1日何件の通知が届きますか?

私のスマホには1日平均126件もの通知が届いているようです。

 

通知なんて、さーーっと目を通して消してしまいますが、1つ1つ数えてみると100件を超える通知が来ていたなんて・・・。

 

 

次にスクリーンタイム機能で制限できる項目を見てみましょう。

f:id:chan076085:20191207203318p:plain

①使用を休止する時間帯・アプリごとの上限時間の設定

f:id:chan076085:20191207215327j:plain

「◯時〜*時まではiPhoneを使えないようにする」のような使用できる時間帯の設定や、アプリごとに「1日何時間まで」といった制限を設けることができます。

 

曜日ごとのON・OFFも可能で、平日と休日で使い分けることも非常に簡単!

 また、設定した休止時間内であっても、「許可したアプリ」と「電話」は使用することができます。

例えば、

・勉強用に「電卓」「Safari」は使用を許可し、それ以外は制限したい

・制限をかけたいが、仕事のメールが届かないのはマズい!

といった個別の事情に合わせて設定することもできます。

②プライバシー・GPS等の制限

f:id:chan076085:20191207222438p:plain

お子様のiPhoneに使用等の制限をかけることもできます。

設定・制限を行うことができるのは以下の事項についてです。

・アプリ・音楽の購入・課金

・不適切なwebページ・成人向けサイトの表示制限

・Siriを使った検索制限や不適切な言葉の制限

・GPS(位置情報)や連絡先の共有に関する制限

・写真や音声に関する制限

・パスコード変更や音量に関する制限

このようにiPhoneのほとんどの機能において制限をかけることができます。

 

ここでのポイントが「設定にパスコードロックをかける」こと。

設定をお子様が勝手に変更できないように数字4桁のパスワードを使ってロックすることができます。

せっかく準備しておいた制限を活かすためにもロックをかけるようにしましょう。

設定方法をチェック!

iPhoneの設定アイコンを開き、砂時計マークの「スクリーンタイム」をタップ!

f:id:chan076085:20191207214852j:plain

4つの項目とパスコード等の設定を行うことができます。

①休止時間・・・画面をみない時間を設定

②App使用時間の制限・・・カテゴリ・アプリごとに使用上限の設定

③常に許可・・・休止時間中にも使用できるアプリを設定する

④コンテンツとプライバシーの制限・・・課金・GPS等の設定

⑤スクリーンタイム・パスコードを使用・・・制限を変更できないようにロック

使いすぎると・・・

1日の制限時間を超えてしまうと、無機質な画面が表示され、アプリが使用できなくなってしまいます・・・とほほ。

f:id:chan076085:20191207220525j:plain

ちょっとだけiPhoneにおねだりすることもできたり・・・します!!!

まとめ

f:id:chan076085:20191207220645j:plain

最近スマホ使いすぎてるなぁ・・・とは思っていましたが、実際の数字を見てみると想像を超える時間をスマホに費やしていることが分かりました。

 

自分がどのくらいの間、スマホを眺めているのか。あまり振り返る機会はないと思いますので、皆さんも是非、一度スクリーンタイムをチェックしてみてください!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村