【アカウント永久ロック】偽Amazonから詐欺メールが届いた話。

f:id:chan076085:20191223154019p:plain

こんにちは。迷惑メールに翻弄されるちゃん@cha076085です。

 

7月にdocomoから怪しげなメールが届いたわけですが・・・今度はAmazon様から怪しげなメールが届きました・・・。

www.chalog.net

標的にもってこいだと判断されたのか・・・?!

天下のAmazon様からの変なメール。

そのメールがこちら・・・・・・・

f:id:chan076085:20191223152418p:plain


あなたのアカウントは停止されました

こんにちは(メールアドレス)、

 

誰かがあなたのamazonアカウントで他のデバイスから購入しようとしました。そうでなければ、Amazonの保護におけるセキュリティと整合性の問題により、セキュリティ上の理由からアカウントがロックされます。

 

アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新することをお勧めします。

以外の場合、あなたのアカウントは 永久ロック.

 

確認用アカウント(クリックできる) 

宜しくお願いします

 

Amazon Protection


 

メールはここまで。ツッコミどころ満載な日本語です・・・

 

あなたのアカウントは停止されました

直後に確認しましたが、普通に買い物できる・・・。

 

 アカウントを引き続き使用するには、24時間前に情報を更新・・・

 24時間前に情報を更新ってなんだ・・・タイムスリップか・・・。

 

以外の場合、あなたのアカウントは 永久ロック.

 永久ロック(ピリオド)最後の最後でめんどくさくなっちゃったの?!騙すメールなのに一番大事なところの手を抜いちゃダメでしょう。(おい)

 

確認用アカウントとやらをクリックしてみた 

 メールに従って確認用アカウントのボタンをクリックしてみると・・・ブラウザが立ち上がり、Amazonのログイン画面が表示されました。

f:id:chan076085:20191223152637p:plain

ん・・・何か違和感が・・・?

 

正式なAmazonのログインページと並べてみると・・・?

f:id:chan076085:20191223152656j:plain

おかしな部分がいくつかあります。

①amazonのロゴ横に「.co.jp」の記述がない

②入力項目が異なる

正しいアマゾンのログイン画面では「Eメール・電話番号」を入力した後、次へ進むをクリックしないとパスワード入力画面に進まないようになっています。

③エラーページの表示

偽ログイン画面では「ログイン」ボタンのみ押すことができ、それ以外の項目(詳細・利用規約・プライバシー規約・ヘルプ)等はエラーページが表示される

 

並べないと違和感を感じないほど精巧に作られた偽画面なので、うっかり入力してしまう人がいるのでしょう。

 

このようにメールやSMSを通して偽のログイン画面に情報を入力させて個人情報を抜き取る手口を「フィッシング詐欺」と言います。

 

ja.wikipedia.org

 

 

迷惑メール対策

①身に覚えのないメールが届いた場合 

  • メールにURLがある場合はアクセスしない
  • 直接問い合わせをして本当に本人・企業からのメールか確認する
  • 添付ファイルは開かず、削除する
  • 添付ファイルを開く場合は必ずウイルスチェックをしてから開く

 もし怪しげなメールが届いた場合、メールは開かず削除しましょう!

 

②迷惑メールが届かないようにするために・・・・

  • メールアドレスをむやみに公開したり、怪しげなサイトに登録しない
  • 受信ドメインやアドレスの拒否及び指定受信
  • メールを削除し、メールアドレスを変更
  • 迷惑メール通報期間に通報

情報共有・迷惑メール送信者への措置などのため各社には迷惑メールの報告サイトがあります。

迷惑メール報告のお願い | お知らせ | NTTドコモ

迷惑メールご申告方法 | スマートフォン・携帯電話に関するお問い合わせ | au

迷惑メールを申告する | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 迷惑メールを減らすために報告しておきましょう。

不正なログイン対策 

  • パスワードは「長く」「複雑に
  • パスワードの使い回しは絶対にしない
  • 公共交通機関内や他人に見られてしまう状況でログインしない
  • フリーWiFiに注意

コンビニやカフェなどのフリーwifiはセキュリティが甘いものもありますので、パスワード等の入力には注意が必要です。

まとめ

今回のメールは文面からして怪しさ全開のメールでしたが、気づかずに入力してしまい、被害にあってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

皆さまもIDやパスワードの管理には、十分ご注意ください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村