列車内で握りたてのお寿司!!観光列車「べるもんた」に乗ってきた!!

f:id:chan076085:20191229212312p:plain

こんにちは。ちゃん(@chan076085)です。

富山県を走る観光列車「べるもんた」に乗ってきました!!

列車に揺られながら食べる握りたてのお鮨が美味すぎたのでご紹介します!!

 

べるもんたとは?

f:id:chan076085:20191229200835j:plain
富山県にあるJR城端線・氷見線で運行されている観光列車です。

 

べるもんたという名前は日本語版の愛称であり、正式名称は「Belles montagnes et mer」(ベル・モンターニュ・エ・メール)です。

 

フランス語で「美しい山と海」という意味の言葉で、列車の走っている地域の風景を生かした名前となっています。

www.jr-odekake.net

 

おすすめポイント①車内で頂く絶品「職人の握り寿司」

f:id:chan076085:20191229201540j:plain
美しい車窓を眺めながら、富山湾の新鮮な鮨を頂くのが至福!!

 

5貫で2100円という驚異のお値段ですが、列車内で握られてすぐのお鮨は本当に美味しいです。

鮨セット以外にも沿線の地酒を楽しめる飲み比べセットおつまみのついたほろ酔いセット・お造りなども楽しめます。

f:id:chan076085:20191229201933j:plain

お食事は列車を利用する日の3日前17時までにインターネット予約が必要です。

toyama.visit-town.com

当日、在庫があれば車内でもお食事を取ることができます!今回はお鮨4人分車内で追加注文しちゃいました^^

 

おすすめポイント②車窓・沿線からのお見送り

f:id:chan076085:20191229201132j:plain

沿線からは地域の皆様が手を振ってくれます。地元の方々に愛される列車というものはいいものです〜!

列車も汽笛を鳴らしつつ、沿線の声援に応えていきます!

 

車内は沿線の名産物を生かした装飾が施されており、見ていて飽きません。

f:id:chan076085:20191229202611j:plain

沿線である南砺市の井波彫刻

おすすめポイント③<期間限定>非売品パスケースをかけた抽選あり!

f:id:chan076085:20191229205645j:plain

2020年3月29日まで抽選でべるもんた特製のパスケースが当たるキャンペーンが行われています! 

残念ながら今回は外れてしまいましたので、クリアファイル(非売品)を頂きました。記念乗車証はきっぷをはめ込むことができます。こちらは車掌さんがきっぷの確認の時に人数分渡してくれます。

片道では時間が足りない!往復乗車がおすすめ!

f:id:chan076085:20191229201227j:plain

折り返し駅の城端駅

今回は城端線(高岡駅〜城端駅)まで往復で利用しました。

所要時間が約40分ということもあり、車内でお寿司を食べているとあっという間に終点に到着してしまいます。

ゆっくりと楽しみたい方は往復乗車することがおすすめです。

ここでのポイントは往復で同じ番号の指定席を確保すること!!

 往復とも同じ席を取ることができれば、食事類はそのままにしておいてもらうことも可能でした! みどりの窓口へ行って駅員さんに相談してみましょう。

運転区間や注意点

f:id:chan076085:20191229204002p:plain
べるもんた」は毎週土曜日と日曜日に運転されています。曜日によって運転している路線が異なり、2回楽しめる観光列車となっています。

 

土曜日:城端線(高岡駅〜城端駅間)を2往復

日曜日:氷見線(新高岡駅〜氷見駅間)を2往復

 

車両検査や年末年始のため運休となる日もあります。詳しい運転日については、JRおでかけネットでご確認ください。

www.jr-odekake.net

 べるもんたは全席指定席となっています。そのため、乗車券の他に座席指定券(530円)が必要となります。

 

予約は乗車日の1ヶ月前10時から!!全国のJRの主な駅のみどりの窓口・主な旅行会社等で一斉発売となります。

※満席の場合は乗ることができません!! 

関西・西日本からの方におすすめのきっぷはこちら!

神戸・大阪・京都から北陸方面への往復と北陸フリーエリアが3日間乗り降り自由となる大変お得なきっぷです。

 

城端線・氷見線共にフリー区間内となりますので、530円の座席指定券を買えば「べるもんた」に乗ることができます!

www.chalog.net

 

食事を楽しみながら、列車に揺られるのもいい旅の楽しみ方かもしれません。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村